ネット銀行のデメリットは、通帳が手元に無いということが挙げられます。
また通帳が手元に無い為に、インターネットを利用して銀行にログインしない限り、残高がどのぐらいあるのかが分かりません。

銀行のATMと連携している場合もありますし、コンビにATMが設置されていますから、入出金を行えますが、
入出金の手数料が普通の銀行よりも高くなってます。

メリットでありデメリットであるのは、インターネット環境があればどこでも利用出来る事になります。

外出先でも、モバイルツールを持っていたり、ネットカフェを利用すれば、ネット銀行を利用する事が可能になりますが、
ログインIDやパスワードを見られてしまう危険性もあります。

ログインしたままで、その場を離れてしまうと悪用されることもあるので気をつけましょう。

電源を落としたり、ログアウトするなど悪用されないようにする事も大切です。
成り済ましや、不正に聞きだす場合もあるようですよ。

メリットは、振込み手数料が安いことです。
同じネット銀行口座がある場合は、更にに振込み費用が少なくて済みますね。

ネット銀行が発行しているクレジットカードを利用した場合に、ポイントが付くことがありますが、
そのポイントを振り込み手数料に充当出来るネット銀行もあります。

決まった回数で振り込み手数料が無料になるサービスを行なっているネット銀行もあります。

インターネット環境があればどこでも振込みが出来るため、振込みを忘れていた場合など、
どこでも振込みが出来るのも良いようですよ。