未分類の記事一覧

ネット銀行のデメリットは、通帳が手元に無いということが挙げられます。
また通帳が手元に無い為に、インターネットを利用して銀行にログインしない限り、残高がどのぐらいあるのかが分かりません。

銀行のATMと連携している場合もありますし、コンビにATMが設置されていますから、入出金を行えますが、
入出金の手数料が普通の銀行よりも高くなってます。

メリットでありデメリットであるのは、インターネット環境があればどこでも利用出来る事になります。

外出先でも、モバイルツールを持っていたり、ネットカフェを利用すれば、ネット銀行を利用する事が可能になりますが、
ログインIDやパスワードを見られてしまう危険性もあります。

ログインしたままで、その場を離れてしまうと悪用されることもあるので気をつけましょう。

電源を落としたり、ログアウトするなど悪用されないようにする事も大切です。
成り済ましや、不正に聞きだす場合もあるようですよ。

メリットは、振込み手数料が安いことです。
同じネット銀行口座がある場合は、更にに振込み費用が少なくて済みますね。

ネット銀行が発行しているクレジットカードを利用した場合に、ポイントが付くことがありますが、
そのポイントを振り込み手数料に充当出来るネット銀行もあります。

決まった回数で振り込み手数料が無料になるサービスを行なっているネット銀行もあります。

インターネット環境があればどこでも振込みが出来るため、振込みを忘れていた場合など、
どこでも振込みが出来るのも良いようですよ。

未分類

お金を借りる際に、どのキャッシングやカードローンも同じ金利ではありません。

条件によってカードローンの金利も変動していきますから、金利の安い会社から借りると良いです。

金利は、法定金利7%から28%程度ままで幅広い金利があります。

借りる金額が決まっていても、キャッシングやカードローンにて審査を通して見ないと希望額が借りれるかどうかは分かりません。

希望額が借りれるカードローンから、金利が安く借りると良いでしょう。

利用したことがあり、完済しているカードローンでは、審査も通りやすくなるようです。

ただし複数のカードローン会社から既に借りている場合には、希望額に達しないことも考えられますし、年収の30%を借りれ額が超えている場合は、借りれませんので注意してください。

条件は、自分にとって何が良い条件なのかを決めておく必要があります。

金利が低いことを良い条件とするのか、借入限度額が大きいことを良い条件とするのか、すぐに借り入れが出来るのを良い条件とするのか、無利息の期間が長いことを良い条件とするのかを、借りる金額や用途に応じて決めておく必要があります。

他にもカードローンを選ぶ場合には、安全な企業であることも大切になります。

聞いたことのある企業から借りることをお勧めします。

銀行系のカードローンは、貸し出し基準も厳しいですが、返済額も考えて融資を行なっています。

金利も比較的低い設定になっていますから、返しやすいです。

借りることも大切ですが、借りたお金を返していくことも大切になりますから、無理の無い利用を心がけると良いでしょう。

未分類

ネット銀行を利用して、費用を安く済ませるのも方法になります。
ネット銀行だけではなく、最近一般的な銀行も、インターネットで振込みなどが出来る機能がある銀行もあります。

銀行のATMでは、利用時間が決まっていますから、それ以外の時間では振込みなどが出来ません。
ネット銀行は、インターネット環境があれば、何時でも振込みや残高参照が出来ます。

インターネット環境は、自宅である必要もありませんから、外出先ではネットカフェを利用したり、モバイルツールを利用することで、場所を選ばず利用出来るのが良いポイントでもありますね。

ただし気をつけなければいけないのが、IDやパスワードを他の人に見られないようにしましょう。

近年IDやパスワードを聞きだして、悪用される場合があるとニュース等で言われていますから、ご自宅以外で利用される場合は、周囲に気をつけたり、電源の消し忘れには十分注意をするようにしましょう。
席を離れる場合は、ログアウトすることをお勧めします。

振込先もネット銀行であれば、手数料が大幅に安いですから、余計な出費も減っていきます。
また銀行に行くまでの費用もなくなりますから、電車代、バス代、自動車のガソリン代が必要ありません。

銀行のATMなどを並ぶ必要もありませんから、時間を短縮することが出来ます。

ネット銀行の多くは、キャッシュカードがあればコンビニに設置してあるATMで引き出すことが来ますから、必要な時に近くのコンビニを利用することで現金を引き出す事も出来ます。

未分類

クレジットカードは初年度年会費無料など、初めて作る場合は良いのですが、その後有料になってしまうカードがあります。

いくつものカードも持っていても、結局使わずに持っているだけのカードになってしまっている場合もありますね。

利用していないカードで年会費が掛かりますから、その契約を解除するのも余分な出費を押さえられる事が大切になってきます。

ポイントを獲得しているカードを解約する前に、ポイント交換できる商品やサービスがあれば利用しておくのも良いでしょう。

カード会社の中には、複数のサービス内容がありますから、サービス内容を見ていくと不必要なカードが出てくる事もあります。

ガソリン販売会社のクレジットカードは、ガソリン代が安くなるサービスを行なっている場合が多いですが、ガソリン販売会社でなくても、ガソリン代が安くなるサービスを提供している場合があります。

どんなサービスを行なっているのか、ホームページ等で確認しておくと、このカードは必要なのか、不必要なのか判断をすることが出来ます。

ゴールドカードの場合は、年会費が数万円程度掛かりますし、一般的なカードでも千円程度かかる場合があります。

年会費のあるカードが多い程、固定費として支出しなくてはいけません。
カードの数を減らして、年会費無料のカードのみすれば、利用した場合だけ料金が発生します。

また明細書の数も減りますから、何を利用したの分かりやすくなりますし、支払の管理もしやすくなりますよ。

未分類

いろいろな出費が重なったり、一度に大きな金額の出費が必要になった時に、手持ちのお金が足りなくなるというケースもあると思います。

そんなとき、どうするでしょうか。

知人や友人に借りるという方法もありますが、人間関係を考えると、なかなか言い出せないのではないでしょうか。

そんな場合に役立つのが、いろいろな金融機関で取り扱っているカードローンやキャッシングカードです。

少額であれば、金利負担もそれほど大きくはありませんし、必要な時だけ借りて、すぐに返すようにすれば、問題ありません。

今では金利も低く利便性も高い商品もいろいろとありますので、検討してみてください。

一度カードを作っておけば、限度額の枠内で何度でも利用することができます。

賢く使えば便利なものですので、そのような必要が繰り返し出てくる可能性があるようであれば、検討してもよいでしょう。

未分類

通信費は、毎月固定でかかっている場合と、利用料に応じて払う場合があります。

携帯電話の場合は、インターネットの通信使用が多い場合に、上限を設けてそれ以上請求しないようにするプランもありますし、あまり利用して無いのであれば、固定プランを辞めて、利用した分のみ払うのも方法です。

ご家族全員の携帯電話会社を統一すると、お互いが余った無料通話や通信料金を、足りない人に分けることが出来るプランがある会社もあります。

指定した相手であれば、通話量が無料になるプランもありますし、スカイプ、ラインなどを利用すれば、不特定多数の人と無料通話をすることが出来ます。

インターネット接続料金は、通信したり、ダウンロードするファイルサイズが小さければ、現在の高速通信ではなく、それより通信スピードが遅くても安いプランに変更することで月額の利用料金を抑えることが出来ます。

ご自宅でインターネットをしないのであれば、インターネット接続料金が固定になっていますから、契約を解除して通信費用を削減する事も方法になります。

偶にしか利用しない場合は、インターネットカフェを利用する事も良いでしょう。
外出でインターネットをすることが多ければ、固定電話での契約を辞めて、モバイル通信ツールを利用して、携帯電話、パソコン両方を利用出来るようにすると金額も安くなってきます。

無線環境を利用して、複数台のインターネット接続することが出来ますし、外出先で利用する事も出来ます。
このような見直しも大切になるでしょう。

未分類

子供が生まれた場合は、マネープランを変更することも大切です。

環境の変化も多くなってきますから、固定費などを見直して、余力のある生活にしていくことが大切なります。

友人や親戚に近い子供がいれば、ベビーベットや洋服を貰えることもありますが、子供は成長が早いために、洋服代やおもちゃなどの費用も考えておかなければいけません。

育児にもお金は掛かりますから、遊興費などを減らすことや、自動車を所有している場合は、維持費の安い自動車に変更するなど検討して行くと良いでしょう。
維持費はガソリン代だけではなく、保険料金も変わってきますから年間の維持を検討する事が大切になりますね。

パートナーが仕事を辞めてしまう事も考えられますから、収入がその分減ってしまいます。
仕事を辞めずに産休を取ったとしても、子供の面倒を見ていただける人がいなければ、保育施設に預ける費用も考えなければいけません。

最近では、0歳から預かっていただける保育施設もありますが、料金は高めになりますから、仕事と費用を考えながら利用を検討していきましょう。
また延長保育を利用していくと、延長時間によっては高額の保育費用が発生してきます。

パートナーが仕事を辞めた場合は、今までと同じ生活をしていれば、収支が合わなくなってしまいますから、貯金を取り崩していったり、ボーナスなどで補填していく事になりますが、職場復帰のタイミングや、違う職場で働くことも検討しながら、固定費などのマネープランを見直していくのも大切になるようですよ。

未分類

結婚は大きく生活環境が変わってきますから、今まで通りのお金の使い方をしていると、収支が合わなくなってしまうことが多いです。

結婚前から同居をしていた場合も、結婚後は変化することが多いでしょう。

保険や、通信費も見直していく必要があります。保険は、夫婦になった場合に家族割引がある保険もあります。

自動車保険は、家族割が適用になると保険料が変化してきます。自動車も週末だけしか乗らない場合は、2台ある車を一台にしたり、カーシェアリングを利用すると、維持費も安くなりますね。

携帯電話では、家族割引を適用している会社がありますし、家族通話が無料になる契約があります。

年会費を払っているが利用していないサービスなどは、見直して解約するのも良いでしょう。
一度解約を行なっても再契約出来るサービスであれば、解約して支出を減らすのも方法です。

会費がかかるサービスや固定料金がかかるものは、その時々で見直していくことも大切になります。

親戚などのお付き合いも増えてきますし、ご近所付き合いも出てきます。住宅ローンを組んだり、出産でパートナーが仕事を休む場合もあります。

出費も多くなってきますから、収支バランスを考えることが大切です。

急にお金が必要になる場合も出てきますから、ある程度毎月貯金をしていく必要があるようです。

結婚後は、同世代の友人が結婚する事も多くなります。結婚式に出席などで急なお金が必要になりますから、マネープランを見直すことが大切になりますね。

未分類

マネープランを見直す場合は、20代もポイントです。

20代は、1人暮らしを始める人もいますから、マネープランを見直すと今後の生活が変わってきます。

自動車のローンを組んだり、高額商品でローンを組む事を始めて経験する人も多いです。

高額なローンを組む場合は、自分だけで判断出来ないことありますから、ご家族の人や友人に相談して、収支バランスがあうかどうかを相談する事も大切になります。

成人して社会人になれば、所得も増えてきますから高額な買い物をしたりする事も出てきます。

お店の方からはローンを進められることもありますが、そのローン支払総額が高いのか安いのか判断つかないこともあるでしょう。

利息のを計算しながら、毎月のローンを支払うことが出来るかを考える必要も出てきます。

同じお金を借りるにしても、長い期間ローンを組んでしまうと利息を多く払うことになり、少しの金利差と思っていたとしても、総額では差がかなり出てきます。

自宅でほとんど食事を済ませた場合と、外食の比率が高くなれば食費も多くなるなどの、関係性を学ぶのも良いでしょう。

保険会社から、生命保険や医療保険を勧められることもありますが、どのようなプランが良いのかをわからずに契約をしてしまうと毎月高額な支払をしなければいけません。

保険料金が適正であるのか、そうでないのかも検討しながらある程度の期間で見直していくのも良いでしょう。
自己責任の部分が多くなりますから、成功、失敗を繰り返しながら学ぶのタイミングになります。

未分類

マネープランを見直すことは、実際毎月何を購入したり、支払っているのかを調べることから始めます。
調べることによって、見直しをして支出を減らしたり、本当は使いたい部分に充当させることが出来ます。

保険に入っているのであれば、保険を他社に見積もりを出すことによって、数万円も減少して生活が楽になったという人もいるそうです。

保険のほかにも、通信費や、交通費、遊興費なども見直していく必要があります。

通信費は、目に見えにくい支出ではありますが、毎月の請求明細を見て、どの部分の料金が多いのかを検討しながら、料金プランを変更することで支出を抑えることも可能です。

交通費も、少し歩けば良い所をタクシーを利用したり、時間があるが特急列車を利用している場合は、計画的に予定を立てることで、余裕を持って行動をすれば、タクシー利用の回数を減らしたり、普通電車で行けるようになります。

遊興費は、上限を決めることで毎月の予定を組んでいく事も良いでしょう。
お付き合いもありますから、毎月決まった金額も難しいかもしれませんが、優先順位を決めて偶には断ることも大切になります。

その月の遊興費が余る場合は、翌月に繰り越して行けば翌月の出費も抑えることが出来ますね。

特にご家族が多いと保険料も高額になりますから、例えば5人分の保険を見直すと、かなり保険料が変化します。

一ヶ月の支出で遊興費が多すぎる場合は、お出かけの回数を減らすなどの方法を考えることが出来るでしょう。

ある程度の期間でマネープランを見直して行くと、生活の変化が生じた場合にどのようにすれば生活が楽に出来るのかを考えていけますから、急な変化にも対応しやすくなりますよ。

未分類