2013年2月の記事一覧

クレジットカードは初年度年会費無料など、初めて作る場合は良いのですが、その後有料になってしまうカードがあります。

いくつものカードも持っていても、結局使わずに持っているだけのカードになってしまっている場合もありますね。

利用していないカードで年会費が掛かりますから、その契約を解除するのも余分な出費を押さえられる事が大切になってきます。

ポイントを獲得しているカードを解約する前に、ポイント交換できる商品やサービスがあれば利用しておくのも良いでしょう。

カード会社の中には、複数のサービス内容がありますから、サービス内容を見ていくと不必要なカードが出てくる事もあります。

ガソリン販売会社のクレジットカードは、ガソリン代が安くなるサービスを行なっている場合が多いですが、ガソリン販売会社でなくても、ガソリン代が安くなるサービスを提供している場合があります。

どんなサービスを行なっているのか、ホームページ等で確認しておくと、このカードは必要なのか、不必要なのか判断をすることが出来ます。

ゴールドカードの場合は、年会費が数万円程度掛かりますし、一般的なカードでも千円程度かかる場合があります。

年会費のあるカードが多い程、固定費として支出しなくてはいけません。
カードの数を減らして、年会費無料のカードのみすれば、利用した場合だけ料金が発生します。

また明細書の数も減りますから、何を利用したの分かりやすくなりますし、支払の管理もしやすくなりますよ。

未分類

いろいろな出費が重なったり、一度に大きな金額の出費が必要になった時に、手持ちのお金が足りなくなるというケースもあると思います。

そんなとき、どうするでしょうか。

知人や友人に借りるという方法もありますが、人間関係を考えると、なかなか言い出せないのではないでしょうか。

そんな場合に役立つのが、いろいろな金融機関で取り扱っているカードローンやキャッシングカードです。

少額であれば、金利負担もそれほど大きくはありませんし、必要な時だけ借りて、すぐに返すようにすれば、問題ありません。

今では金利も低く利便性も高い商品もいろいろとありますので、検討してみてください。

一度カードを作っておけば、限度額の枠内で何度でも利用することができます。

賢く使えば便利なものですので、そのような必要が繰り返し出てくる可能性があるようであれば、検討してもよいでしょう。

未分類

通信費は、毎月固定でかかっている場合と、利用料に応じて払う場合があります。

携帯電話の場合は、インターネットの通信使用が多い場合に、上限を設けてそれ以上請求しないようにするプランもありますし、あまり利用して無いのであれば、固定プランを辞めて、利用した分のみ払うのも方法です。

ご家族全員の携帯電話会社を統一すると、お互いが余った無料通話や通信料金を、足りない人に分けることが出来るプランがある会社もあります。

指定した相手であれば、通話量が無料になるプランもありますし、スカイプ、ラインなどを利用すれば、不特定多数の人と無料通話をすることが出来ます。

インターネット接続料金は、通信したり、ダウンロードするファイルサイズが小さければ、現在の高速通信ではなく、それより通信スピードが遅くても安いプランに変更することで月額の利用料金を抑えることが出来ます。

ご自宅でインターネットをしないのであれば、インターネット接続料金が固定になっていますから、契約を解除して通信費用を削減する事も方法になります。

偶にしか利用しない場合は、インターネットカフェを利用する事も良いでしょう。
外出でインターネットをすることが多ければ、固定電話での契約を辞めて、モバイル通信ツールを利用して、携帯電話、パソコン両方を利用出来るようにすると金額も安くなってきます。

無線環境を利用して、複数台のインターネット接続することが出来ますし、外出先で利用する事も出来ます。
このような見直しも大切になるでしょう。

未分類

子供が生まれた場合は、マネープランを変更することも大切です。

環境の変化も多くなってきますから、固定費などを見直して、余力のある生活にしていくことが大切なります。

友人や親戚に近い子供がいれば、ベビーベットや洋服を貰えることもありますが、子供は成長が早いために、洋服代やおもちゃなどの費用も考えておかなければいけません。

育児にもお金は掛かりますから、遊興費などを減らすことや、自動車を所有している場合は、維持費の安い自動車に変更するなど検討して行くと良いでしょう。
維持費はガソリン代だけではなく、保険料金も変わってきますから年間の維持を検討する事が大切になりますね。

パートナーが仕事を辞めてしまう事も考えられますから、収入がその分減ってしまいます。
仕事を辞めずに産休を取ったとしても、子供の面倒を見ていただける人がいなければ、保育施設に預ける費用も考えなければいけません。

最近では、0歳から預かっていただける保育施設もありますが、料金は高めになりますから、仕事と費用を考えながら利用を検討していきましょう。
また延長保育を利用していくと、延長時間によっては高額の保育費用が発生してきます。

パートナーが仕事を辞めた場合は、今までと同じ生活をしていれば、収支が合わなくなってしまいますから、貯金を取り崩していったり、ボーナスなどで補填していく事になりますが、職場復帰のタイミングや、違う職場で働くことも検討しながら、固定費などのマネープランを見直していくのも大切になるようですよ。

未分類

結婚は大きく生活環境が変わってきますから、今まで通りのお金の使い方をしていると、収支が合わなくなってしまうことが多いです。

結婚前から同居をしていた場合も、結婚後は変化することが多いでしょう。

保険や、通信費も見直していく必要があります。保険は、夫婦になった場合に家族割引がある保険もあります。

自動車保険は、家族割が適用になると保険料が変化してきます。自動車も週末だけしか乗らない場合は、2台ある車を一台にしたり、カーシェアリングを利用すると、維持費も安くなりますね。

携帯電話では、家族割引を適用している会社がありますし、家族通話が無料になる契約があります。

年会費を払っているが利用していないサービスなどは、見直して解約するのも良いでしょう。
一度解約を行なっても再契約出来るサービスであれば、解約して支出を減らすのも方法です。

会費がかかるサービスや固定料金がかかるものは、その時々で見直していくことも大切になります。

親戚などのお付き合いも増えてきますし、ご近所付き合いも出てきます。住宅ローンを組んだり、出産でパートナーが仕事を休む場合もあります。

出費も多くなってきますから、収支バランスを考えることが大切です。

急にお金が必要になる場合も出てきますから、ある程度毎月貯金をしていく必要があるようです。

結婚後は、同世代の友人が結婚する事も多くなります。結婚式に出席などで急なお金が必要になりますから、マネープランを見直すことが大切になりますね。

未分類